産業再生法(産業活力再生特別措置法)活用術

産業再生法(産業活力再生特別措置法)活用術
3.民法の支援措置:産業再生法の認定を受けると、事業譲渡の債権者への催告特例が受けられます。

TOP 産業再生法の概要 計画の類型 支援措置 トピックス サービスのご案内 運営元 お問い合わせ
TOP産業再生法の支援措置 > 3.民法の支援措置

3.民法の支援措置

産業再生法の認定を受けると、様々な公的資金調達の道が開けます。

事業譲渡の債権者への催告特例

通常、企業が事業譲渡により債務を移転するには、債権者から個別に同意を得る必要があり、この同意のない債務は連帯債務となってしまいます。産業再生法の認定を受けた場合、企業が債権者に対して一括で通知し、1ヵ月以内に返事がなければ債権者の同意があったものとみなされ、債務を移転することができます。

これにより、個別の債務者の同意を得る時間的コストと金銭的コストを削減できます。



知らないと損する!外注コストを90%減らす方法

知っていますか?一括見積りサイトを利用すれば、外注費や委託費を無料で劇的に下げることができます。ある企業は、この方法で90%削減することができたそうです。詳しくはこちら

DM発送・ダイレクトメールサービスの無料一括見積り
複合機・コピー機の無料一括見積りり
リフォーム会社の無料一括見積り
自動車保険の無料一括見積り
物流倉庫・レンタル倉庫の無料一括見積り
オフィスの引っ越しの無料一括見積り
ホームページ制作の無料一括見積り
翻訳代行サービスの無料一括見積り
テレマーケティングの無料一括見積り
データ入力サービス・入力代行の無料一括見積り
POSレジの無料一括見積り
決済代行サービスの無料一括見積り
メール配信サービスの無料一括見積り
クラウドワークスで仕事を依頼する
本サイトに関する注意事項
  • このサイトおよびアレンジネットは、公的な支援機関とは一切関係ありません。
  • 本ページには、経済産業省産業再生課 編「平成19年改正 産業活力再生特別措置法認定ハンドブック」及び「詳解 産業活力再生法」その他の情報及び当事務所が独自に入手した情報をベースに最新かつ正しい情報を掲載するよう努めておりますが、タイミングによっては古い情報や誤った情報となってしまうおそれもあります。自己責任のもとで情報確認を行った上、ご活用ください。

スポンサードリンク